クレーム処理する時にも、こっちが先に行くことです。
それから向こうに負担をかけたかなと思ったら、すっと五分五分に戻しておくということ、それが大事なのです。