それは駄目だと言っているわけではなくて、それも必要だという世の中が、この世です。