嘘というか、仮の顔をしなければ、お客さんのところに突っ込んで行けないのです。