ですから、何食わぬ顔をしてそれを淡々とやれるということが、私は商人としての基準だと思います。