HMU 達弥西心のわかりやすい話 シリーズ

(16)達弥西心のわかりやすい話「セールス」

達弥西心のわかりやすい話「セールス」

●達弥西心前夜4 −私がそれまで考えていたこと 1992− (17/97) - HMU 達弥西心

喜んで働く。喜んで生きる。これが出来なければ、人生のすべてがむなしくなってきます。逆に言うと喜んで働くことさえ出来れば喜んで生きることさえ出来れば、何でも出来るということです。喜んでいれば進んで働くことができるのです。進んで働いていれば、やがて喜びを得ることが出来るようにもなりますが、嫌がりながら虚しさを抱えながら進んで働いていると、破綻します。

●達弥西心前夜4 −私がそれまで考えていたこと 1992− (16/97) - HMU 達弥西心

喜んで進んで働く、この言葉仕事をしていく上でずっしりと重みを持ってきました。この喜働の精神こそ、仕事に向かう最大のエネルギーであることに気がついたのです。そして、それは生きることにおいても最大のエネルギーであることに気がつきました。

●達弥西心前夜4 −私がそれまで考えていたこと 1992− (15/97) - HMU 達弥西心

自分で自分の立つ位置を決めることができない、私自身の心がそうさせているのです。

自由に生きるとは、自分の立つ位置は自分で決めるということです。自分の足で立って自分の足で歩いていくということです。決してわがままではありません。わがままだと思われているのではないかと思う、あなたの心がわがままなのです。私自身の体験からそう思います。

不自由なとき、生きていくのがつらいです。自由なとき、生きていくのがとても楽しくなります。楽しい方が良いに決まっています。

●達弥西心前夜4 −私がそれまで考えていたこと 1992− (14/97) - HMU 達弥西心

自由に生きるということは、いったいどんなことでしょうか。自由とわがまま。不自由と束縛。いったいどこがどう違うのでしょうか。

私はこう考えます。Aさんがお前の立つ位置はそこじゃないもっと右だと教えてくれたとします。するとBさんが、いやそこじゃないもっと左だと言い出します。さらにCさんが、違う違うもっと後ろだと言います。

まわりの人の言うことで、自分の立つ位置や生き方を決めるとき、とても不自由を感じます。強い束縛感を感じます。でも、束縛しているのはまわりの人ではないのです。

●達弥西心前夜4 −私がそれまで考えていたこと 1992− (13/97) - HMU 達弥西心

「優しい思いは易しい言葉で」をモットーに書を書きつづけたとおっしゃっていました。そんな優しさに私は強くひかれます。そして、こんな「思い」を心に抱くことができる人間とは、なんと素晴らしいのかと改めて思います。

●達弥西心前夜4 −私がそれまで考えていたこと 1992− (12/97) - HMU 達弥西心

ところが、相田みつをさんのこの言葉に出合った時、もっともっと深い、滲み出るような人間としての優しさがあることに気がつきました。

相田さんは、つまづいたっていいと言ってくれています。人間だからつまづくことだってあるさと言ってくれています。また立ち上がって、ほこりを払って、歩いていけば、それでいいじゃないかと言ってくれています。なんと慈愛に満ちた優しさだろうと思うのです。なんと愛情に満ちた励ましでしょう。

●達弥西心前夜4 −私がそれまで考えていたこと 1992− (11/97) - HMU 達弥西心

「現実大肯定」(目の前に起きることはすべて自分にとって必要なことだと納得して、すべてをよしっと引き受けること)と、「自立自助」(自分の足で立って自分の足で歩いていくこと)という言葉を座右の銘にしているほどの私のことですから、叱咤激励することが最高の優しさだと思っていました。

●達弥西心前夜4 −私がそれまで考えていたこと 1992− (10/97) - HMU 達弥西心

私はずっと思っていました。自分の人生という旅は自分で歩いていくことしかできない。だから、自分自身にもしっかりしろよと声をかけながら、まわりの人にも励ましの声援を送りながら歩いていきたいと、叱咤激励の優しさが本当の優しさだと信じていました。

●達弥西心前夜4 −私がそれまで考えていたこと 1992− (9/97) - HMU 達弥西心

旅の途中で歩くのに疲れた人を見つけたとき、どんな言葉をかけてあげるのが優しさなんだろうと、ふと考えたことがあります。

ある人は、荷物を持ってあげよう、それともおぶってあげようかと、声をかけることでしょう。またある人は、そんなことでどうする、さあ立つんだ、自分で歩いていかなくちゃ誰も助けてはくれないぞと、叱咤激励することでしょう。

●達弥西心前夜4 −私がそれまで考えていたこと 1992− (8/97) - HMU 達弥西心

「つまづいたっていいじゃないか人間だもの」

これは書家でもあり詩人でもあった相田みつをさんの言葉です。心にしみわたる言葉をたくさん残していただきましたが、私はこの言葉が特に好きです。壁にぶち当たった時、いつも思い出します。何度となく励まされました。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ